失業した時でも生活や再就職活動が安心してできるように給付が支給される事業が「雇用保険」です。

入っておこう!いざという時のための保険

このエントリーをはてなブックマークに追加

「雇用保険」のこと

何らかの事情で失業された時でも生活や再就職活動が安心してできるように給付を支給する事業と、勤めている企業の雇用状態を良くするためなど、労働環境の福祉をはかる事業の2つを行っているのが「雇用保険」です。
国が実施している社会保険事業のひとつであり、一般的に「失業保険」と呼ばれることが多いのです。
それは、この事業が以前は「失業保険」という名前で行われていた名残なのかも知れません。
雇用している従業員がいる会社などの事業所では、基本的に強制加入しなくてはなりません。
ですから、会社に勤めている方は原則として加入していることになります。
また、アルバイトやパートでも31日間以上勤務する前提で採用されて、1週間の労働時間が20時間以上なら加入しなくてはなりません。
雇用保険料に関しては、企業と本人の双方で支払うので、給与明細から天引きされていることでしょう。
また、先に述べたような条件を満たすアルバイトやパートの方も支払いが必要になるので、同じく天引きされていることでしょう。
ただ強制加入になっていますが、あくまでも会社からの届け出があってはじめて加入ということになります。
そのため会社により加入していないこともあって、無保険の状態というのも発生してしまうのです。
もし加入されていない場合は、いくら長年勤めていても退職後の失業給付など各種給付が受けられないことになります。
ですから、勤務先が雇用保険に加入しているかどうかについて確認する必要があるでしょう。
確認方法としては、給与明細で雇用保険料の天引きがされているかで分かりますし、労務担当者に直接確認するのもひとつの方法です。
ちなみに、公務員については雇用保険制度と同様の別の制度があるので加入することはできません。
具体的な給付制度としては、一般的に失業給付といわれる失業中に受給できる「基本手当」があります。
その他としては、公共職業訓練などを受講する時に支給される「技能習得手当」、その際に別居して寄宿する場合に支給される「寄宿手当」もあります。
病気やケガなどで職業に就くことができない時は、基本手当が支給されない代わりに「傷病手当」の受給ができ生活の安定を図ることができます。
あと、65歳以降も同じ会社で引き続き勤務した方へは「高年齢求職者給付金」がありますし、季節的に雇用されている人には「日雇労働求職者給付金」があります。
企業に勤める従業員にとって大事な制度なので、その他のこともいろいろと知っておくと良いでしょう。
自分で調べたり、ハローワークなどで確認したりすると良いでしょう。

Copyright (C)2017入っておこう!いざという時のための保険.All rights reserved.