日本の社会保障制度のひとつに「介護保険」がります。サービスを利用するための知識も必要なので知っておけば良いと思います。

入っておこう!いざという時のための保険

このエントリーをはてなブックマークに追加

治療や介護に支援するための制度

日本の社会保障制度には様々な制度がありますが、「介護保険」もそのひとつです。
介護を必要とする高齢者の費用・家族介助・福祉施設利用料など、治療や介護に必要な負担を社会全体で支援するための制度です。
また、介護が必要な人が普通の日常生活を送れるように介護や支援サービスの負担を減らして受けられるようにする社会を構築するための制度でもあります。
日本における歴史はまだ浅くて、平成12年(2000年)4月1日にできたばかりの制度です。
ただ、ここ数年は日本の高齢化が予想以上進んでおり、要介護状態からの脱却・介護予防・サービスの質の向上などにポイントを置いた見直しが行われています。
具体的に介護保険のサービスを受けられる人やサービスを受ける為に必要なこと、サービスの内容などについて紹介します。
まずサービスを受ける為には要介護者認定が必要で、介護や支援が家族や本人が必要だと思っても、認定を受けないとサービスは受けられません。
要介護認定を受けるまでの過程は、「市区町村に申請を行う」「担当者による訪問調査」「かかりつけ医の要介護認定に関する意見書の作成」「判定」「要介護認定通知」となっています。
結果がでるまでの期間は申請から30日以内と決まっていて、もし結果が遅れる場合には延期通知書が送られてきます。
介護を必要とする度合いにより要介護認定の分類が変わってきます。
その分類としては、ほぼ生活を一人で送ることはできるが、介助などが多少必要な人は「要支援1」か「要支援2」に認定されます。
日常生活で歩く・寝る・食べる・入浴などの基本的動作が一人で行うことができない場合には「要介護1」から「要介護5」として判定されます。
この要介護認定には有効期限があり、原則として6ヶ月となっていますが、市区町村により3ヶ月〜5ヶ月に設定されるケースもあります。
そして有効期間以内に介護が必要な状態が改善されない時には、更新することができ更新時の認定有効期限は1年〜2年となっています。
ただ、有効期間を過ぎても更新されないと失効してしまい、介護保険のサービスを受けることができなくなってしまいます。
受けるサービスは自分で決めることができますが、一般的にはケアマネージャーが作成したケアプランを基に相談して決めることが多いようです。
サービスの内容としては、居宅サービス・施設サービス・地域密着型サービス・介護予防サービスがあります。
そして、要介護認定を受けた人は居宅サービス・施設サービス・地域密着型サービスが受けられ、要支援認定を受けた人は居宅サービス・地域密着型サービス・介護予防サービスが受けられます。

Copyright (C)2017入っておこう!いざという時のための保険.All rights reserved.